学習学とは

学習とは「外部環境を認識し、環境に自らを適合させ、可能性を開花させる」一連の営みをさします。


 そもそも「学習」とは「外部環境を認識し、環境に自らを適合させ、可能性を開花させる」
 一連の営みを指します。それは、人間だけでなく、生物に本来備わった「生命の根本的なプログラム」と言えるでしょう。

 ただ、人間は、言語を持ち、コミュニケーションを磨いて「お互いに学び合う」技術を、飛躍的に発展させました。そして、それにより、地球上で他の動物を圧倒するほどの高度な文明を築くことができたと言えるでしょう。
 個人も、組織も、国家も、成功の陰には、「学習」があります。そして、人類にとって、最大のフロンティアは、人間の内側にあります。
 学習学は、人の持つ無限の可能性をひらくための学問であると言えるでしょう。

 

 

 
ビジョン/フィロソフィー
学習学のアプローチ
教育と学習の比較